パーソナル・コーチング

対象としているお客様


あらゆる方の個人向けコーチングをしております。例えば以下のようなクライアントです(現在契約中のクライアントと、過去に契約が終了したクライアント)
・小学生、中学生、高校生、大学生
・主婦・主夫
・NPO職員
・学校の先生
・公務員
・一般企業社員
・一般企業管理職
・一般企業社長
・個人事業主
・ベンチャー企業創業社長

コーチングとはそもそも何か?

小野のコーチングを受けることで、どのようなことが得られるのかについては、以下に「コーチングとは」ということで書いております。
https://coachkotaro.com/2021/02/04/coaching_1/

以下にクライアントの声の部分を再掲します。

⭐小野のコーチングを受けているクライアントの声

✅男性クライアント(10ヶ月の契約後、継続契約した理由)
小野さんとのコーチング契約を結んで1年強になります。 継続している1番の理由はコーチングの中で小野さんが良い問いを投げかけてくれるためです。 私の場合、コミュニケーションの取り方を相談することが多いのですが、 自分の行動に対して、小野さんから問いを投げかけてもらうことで、自分自身の経験と気づきを言語化することができ、 そしてまたそこから次に何をするのかということを壁打ちさせてもらっているので、大変助かっています。 また月に1回のコーチングだけでなく、日々新しい気づきを与えてくれるので、 自分の目標に向かって伴走してくれる良きパートナーだと思っています。

✅男性クライアント(10ヶ月の契約後、継続契約した理由)
私が、小野さんにコーチングの継続契約をお願いした理由は、コーチングを受けた10ヶ月で、大きな変化が2つあったからです。
一つ目は、コーチングを通して自己理解を深め、自分の想いに素直に生きられるようになったことです。具体的には、私には「愛がある」と気づけ、対人関係でもっと愛を表現して良いと、自分自身に許可を与えられるようになりました。また、楽しむ、笑う、喜ぶ、幸せになるなど、自分の心の中でストップを掛けていたことを、解放できるきっかけも頂けました。
二つ目は、より自分を信じられるようになったことです。私は、目標を目指す時、途中で「自分はどうせ○○」という心の声が聞こえ、日々の努力に悪影響が出て、うまく継続できず、良い結果がでないでいました。ですが、小野さんにコーチをお願いしてもらってからは、その言葉が出そうになっても、「小野さんが自分を信じてくれている」と思えることで、「自分はどうせ○○」という言葉を打ち消すことができ、自分をより信じられ、結果が出るようになりました。

✅女性クライアント(10ヶ月の契約の8ヶ月終わった時点での感想)
小野さんのコーチングを受けて
コーチングというものは、小野さんのコーチングを受けるまでどんなものなのか、全く知りませんでした。コーチと言えば、スポーツのコーチか、バッグか、ぐらいしか知らないという感じでしたが、ご縁があって小野さんと知り合い、コーチングを受けることにしました。小野さんは大事だと思うことを繰り返し話すことを厭わない方です。私は、コーチングを受けたばかりの時から何度も似たようなところで躓いていることがあります。そして繰り返し失敗しながらも立ち上がろうとする時、小野さんは辛抱強く励ましてくださいました。失敗しても良い、出来るまでやれば出来る、と何度も言っていただきました。「ああ、こういう意味だったのか」と言われたことを理解できるようになるには時間がかかることがあります。その時間がかかっているときの時間を、小野さんは忍耐強く分かるときまで言い続けてくださる。これは本当に感謝してもしきれません。
また、小野さんのコーチングで、「これ、コーチングとは離れてしまうけど」とおっしゃりながら、「コーチング的でない」アドバイスをしてくださることがありました。それは分類としてはコーチングではないのかもしれませんが、とても有益で的確でその時の私に必要なことでした。そういったものは、まさに小野さんのコーチングだからこそ出来たことではないかなと思います。
小野さんも人間なので、完璧ではないかもしれません。失敗もあると思います。でもその失敗の経験からくる人への優しさを私は感じます。私はこの一年、小野さんの色々な面を(、と言っても一部ではありますが)見てきました。私の価値観とは違う部分も含め、それでも今、私は「小野さんは私のコーチだ」と思っています。人間みがあり、心ゆたかで、惜しみなく小野さんの持てる力を注いでくださる。苦しいと思っている人を見ると放っておけない、そして心に灯が灯った時はとても喜んでくれる、本当に心が温かい人です。小野さんには、本当にコーチングの天性があると私は思っています。共に頑張ろう、と励まし合える、そんな関係性に発展させられたらいいなと思っています。

✅男性クライアント(10ヶ月の契約後、継続契約した理由)
1年近くコーチングを受けるなかで、自分が変わる、変わろうとするきっかけを頂けた。そして自分が少しずつ変われているのを感じ、更に進化していきたいと考えた。その更新時期がちょうど転職直後であったため、転職先で試みることに関して間近で多くのアドバイスを頂きたいと思った。いつも真剣にご対応頂き感謝しているとともに、自分が変わる様を見届けて頂きたい。

以上のような感想や継続契約する理由をクライアントに書いていただいています。イメージ湧いたでしょうか?
なお、私自身も継続してコーチングを複数のコーチから受けています。それは以下のような理由からです。

・親身に話しを聞いてもらえることで、自分の考えを言語化し、声で発することを通じて自分の考えを整理することができるから。
・誰かに話しているだけでも新たな気づきを得られることがあるから。
・コーチに質問をしてもらうことにより、一人では気が付かないような視点から物事を考えられるから。例えば、今取り組もうとしていることについて話す時、そもそもの目的に立ち返るような質問をしてもらったり、その目的が自分の人生にどのように重要なのかを聞いてもらったりする。目的に立ち返った上で今取ろうとしている手段が本当にベストなのかを考える。
・コーチに今後のアクションを話すことを通じてよりモチベーションを高めることができる。自分への約束をするとともにコーチに約束することができるから。
・表面上の言葉だけでなく「非言語」のコミュニケーションについてのフィードバックをもらうこともできるから。例えば声音、対面のコーチングであれば表情、仕草など。
・別のコーチの質問に触れることで「良質な質問」の引き出しを増やしていきたいから。

小野はなぜコーチングをしているのか

私の人生のミッションは「心が強くて優しいリーダーを沢山育てる」と「全ての人の心に火をつける」です。なぜこれらのミッションに至ったかなどは

「心が強くて優しいリーダーを沢山育てる」については、
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000075360.html
「全ての人の心に火をつける」については
https://kikkakebank.com/2020/12/30/kikkake_mission_statement/
などをよろしければご覧ください。

「心が強くて優しいリーダー」が沢山増えればその人がさらに誰かをリーダーに育てます。誰かの幸せに貢献する。その手段を考えた時、「コーチング」というパートナーシップ関係は非常に強力だと私は考えています。

実際に、これまでのコーチングで関わったクライアント自身が目標達成をするだけでなく、私との関わりの中から経験した「コミュニケーションの仕方」・・・例えば人の話の聞き方、受け止め方、質問の仕方などを自然と身に付けられていきます。つまりコーチングを受けながら、自身もコーチになっていくのです。クライアントがコーチング的なコミュニケーションができるようになることで、人間関係が改善していきます。他者の主体性を引き出すコミュニケーションができるようになる。

ある学校の先生のクライアントは、専科の先生なので沢山のクラスの子どもたちと関わります。したがってそれらのクラスの担任の先生方とも関わる。そんな先生方とコーチング的なコミュニケーションをしてあげることで、先生方の心理的安全性を確保し、創造性を引き出し、先生方がより生き生きと働くだけでなく、コーチング的な関わりができる先生が増えることで、その効果が子どもたちにも波及していきます。

また、最近あるクライアントがコーチングのセッション中にぽつりと言ってくださったことがありました。

「このまま小野さんのコーチングを受けていたら、神になれるかもしれない」

「全てを受け容れられる気がする」

「そして周りの人が幸せになっていく」

これこそが私がクライアントとのコーチングで作りたい関係性です。
全てを受け入れてもらえるパートナーがいる。

絶対的な安心感が生まれている状態になったとき・・・私は「心の発射台」と名付けましたが・・・心に発射台ができる。今の自分のあるがままを受け容れた時、人はジャンプしてみよう、挑戦してみようと思えるようになる。いつも帰ってこれる場所がある安心感があるから。

そんな関係性をクライアントと作ります。そして、クライアント自身も周りの人とそのような関係性を構築していくのです。

全ての人が「心理的安全性」が確保されている世界になっていき、その心理的土台の上で創造的な活動をする。そんな世界を作りたいのです。

そのために発射台を作るコーチは私一人である必要はもちろんありません。だから、私は素晴らしいと思うコーチはどんどん世に広めるお手伝いもしています。例えば「きっかけバンク」に公開している以下のお三方は皆さんそれぞれ独特の個性のある素敵なコーチです。
原潤一郎さん https://kikkakebank.com/2021/02/17/junichiro_hara/
浅井元規さん https://kikkakebank.com/2021/02/20/sv-education-the-last-lecture-4/
小林正広さん https://kikkakebank.com/2021/04/05/the-last-lecture-10/

今後も継続して「コーチング」という関わり方を世に広めていくこともミッションとして活動していきます。そして私自身もコーチとしてクライアントと関わりながら広めていきます。

小野のコーチングを受けるには?

お問い合わせフォームよりお申し込みください。(あるいは、e-mail で直接 kotaro@coachkotaro.com にお送りいただいても大丈夫です。)
https://coachkotaro.com/coach-faq/

その際可能な範囲で以下お応え下さい。頂いた情報の秘密はすべて厳守します。
①コーチングを受けてみようと思ったわけ
②コーチングを受けることで達成したい目標(①にすでに書かれていれば必要ありません)
③コーチングを定期的に受けるとしたらどのように活用したいか?
④その他、初回コーチング前に小野に知っておいて欲しいこと・質問

また、コーチング前にすべてのクライアントにお答え頂いている、事前質問がこちらにあります。初回前にお答えいただかなくても大丈夫ですが、答えてみたい場合は是非書いてみてご共有ください。

価格や契約について

初回相談は60分無料で行います。

その後のご契約に関して

個人の場合
$500/month
1時間のセッション1回
メッセンジャーまたはslackでのやりとり無制限

また必要に応じてお互いの都合が合えば何度でもセッションを行います。すぐに誰かに話したいことがある時に寄り添います。

契約月数は6〜12ヶ月が基本です。これはお客様が約束する期間ではなく、小野がこの料金で提供することを約束するものです。

もしお客様が途中で契約をやめたいときはいつでも契約を解除できます。例えば2ヶ月やって価値がないと思われたら残りの期間についてお支払いいただいている場合は返金します。

価値を感じないものに対する対価は絶対に頂かない。頂いた価格以上の価値を共に生み出すためにコーチングをしています。私からの約束です。